【飲食店バイト入門】初心者の疑問や不安を解消。楽しく働くコツを紹介!

飲食店(カフェ・レストラン・居酒屋)バイト初心者の疑問や不安を解消するブログです。

飲食店の転職が独立開業に大きく貢献。バイトから社員そしてオーナーへ、私の体験談。

転職と印字されたブロック

飲食店バイトから独立開業出来た体験談

私は19歳の大学在学中に、軽い気持ちで飲食店バイトを始めて、32歳で独立開業に成功しました。

自分の店を持ちたい!

と本気で思ったのは25歳の時でした。

なので7年間で独立開業出来たわけです。

7年間というのが早いのか、遅いのかは分かりませんが、自分としてはよくやったと思います。

その後16年間飲食店を経営。

店は最高で4店舗、年商は4億円まで行きましたが、ある理由で倒産。

今は、全く別の仕事をしています。

今回は、私が自分の店を持てた理由を紹介します。

自分の店を持ちたい、独立開業して自分の力を試してみたい、という方は参考にして下さい。

また、転職に一抹の不安抱える方にもお役に立てる記事を載せています。

 

目次↓↓

転職の成功が独立開業へ大きく貢献

転職が成功した人が大空をバックにジャンプ

私が飲食店で独立開業できた理由は、

ズバリ、転職です。

売り上げが右肩上がりの飲食店経営の会社に転職した事が、私が独立開業出来た理由です。

その会社の社長は株式公開を目指していたのです。

株式を公開する際には、従業員に安く株を買う権利が与えられます。

株式公開の前に安い値段で買わせてもらい、公開と同時に売却するのです。

株式を公開する前の3年間、売り上げを上げることに全てを注ぎました。

会社一丸となって頑張ったのです。

その結果、初日についた値段は高値となり、私はウン千万円という大金を手に入れる事ができました。

その資金を元に、無借金で店を出す事が出来たのです。

★飲食店専門転職サイトを見てみる>>飲食業界の転職はフーズラボ・エージェント

独立開業だけが飲食店での成功ではない

業績アップの折れ線グラフ

飲食業で成功する方法は独立開業だけではありません。

自分のスキルを磨き、大きな会社で活躍する事でも成功と言えます。

私が独立する前に勤めていた会社の上司は、自分が本当にやりたい仕事を求めて転職しました。

彼が本当にやりたかった仕事は、新規業態の開発です。

転職先の会社は地方都市あり、東京から移住しました。

入社早々新しい業態を立ち上げ、東京に店舗を構えましたので直ぐに戻ってきました。

彼が手がけた新しい業態は、東京に5店舗まで広げられました。

その後、会社内トラブルで退社する事になりますが、直ぐに別の会社からオファーが来ます。

その会社からの要望は、低迷している料飲部門の立て直しです。

彼は、転職を決意します。

そして、1年で料飲部門の黒字化に成功します。

翌年にはV字回復、業績アップが認められて取締役になります。

今は退職して小さなお店を奥さんとやっています。

彼が歩んだ道は成功と言えると思います。

彼が活躍出来たのは、転職によって自分が本当にやりたい事にチャレンジして実績を上げた事です。

独立開業にはかなりのリスクが伴います。

大きな会社で手腕を発揮するのも、やりがいのある仕事だと思います。

★飲食店専門転職サイトを見てみる>>飲食業界の転職はフーズラボ・エージェント

転職で求められるものとは?

転職先が決まって握手をするビジネスマン

転職で求められるものとは、

即戦力です。

・今の会社が嫌いだから転職する。

・もっと給料が良いところで働きたいから転職する。

・もっと休みが取れる会社で働きたいから転職する。

このような動機で転職する方は多いと思います。

もちろん間違ってはいませんが、自分のスキルアップのために転職をする、という事も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

あなたが飲食店を経営している会社から、必要とされる人物になれば、将来を不安視する必要は無いのです。

どこの飲食店を経営している会社でも即戦力になれる人は、引き手あまたです。

即戦力に自信がない方は、将来性を売込みましょう。

将来その会社で役に立つ人物である、と転職先に認めてもらえば採用の確立は高くなります。

★飲食店専門転職サイトを見てみる>>飲食業界の転職はフーズラボ・エージェント

飲食店転職の不安や失敗を消す方法

FUTURER 未来と書かれた立て札

とは言っても転職をするのに不安や失敗は付き物です。

本当に自分の力を発揮できるのか?

勢い勇んで転職したものの、実際の現場は自分の期待とは違うものだった。。。

給料や休みが転職したら下がってしまった。

いっそのこと転職なんてしない方が良かった、失敗した。。。

と感じている方も多いでしょう。

なぜこういう事が起こるのでしょうか?

それは、あなたが個人で転職先を探しているからです。

個人で集められる飲食店経営の会社情報は限界があります。

個人が会社の内情やビジョンを知るのは本当に困難です。

なので、あなたの転職を上手くサポートしてくれる『専属のキャリアアドバイザーに相談する事』をおすすめします。

専属のキャリアアドバイザーは、希望する求人のピックアップから、履歴書添削、面接対策、条件交渉を入社するまで親身にサポートしてくれます。

実際に、年収が170万円アップした方もいらっしゃいます。

専属のキャリアアップアドバイザーに相談する事は、無料です。

求人紹介から入社日の調整まで、全て専任のキャリアアドバイザーがあなたの転職活動を無料でサポートしてくれます。

★詳しくはこちら>>>飲食業界の転職はフーズラボ・エージェント

 まとめ

飲食店専門の転職キャリアアドバイザーのイメージ

 

飲食店で独立開業を目指すなら、いい会社に転職すれば夢を叶える確率は高くなります。

今、自分に足りないスキルを磨ける会社に転職すれば、独立開業への不安も最小限に抑えられるはずです。

ただし、独立開業には大きなリスクが伴います。

そこにチャレンジする事も素晴らしいですが、転職を上手く繰り返してやりたい仕事をやる、というのも素晴らしい事だと思います。

また、ちゃんと休みが取れる会社で働きたい、年収をあげたい、もっと本格的な料理を作りたい、逆にもっと単純な仕事に就きたい、といった、

現状をとにかく変えたい、

環境を変えたい、

というのも転職をすれば叶える事が出来る確率は高くなります。

今いる会社の体制や仕組みを変える事は出来ませんからね。

ただし、やみくもに転職先を探しても良い結果が出るとは限りません。

なぜなら、個人で転職先の会社情報や内情を集めるには限界があるからです。

そこでおすすめなのが、飲食店専属キャリアアドバイザーに相談する事です。

餅は餅屋と言われるように、転職は転職のプロにお願いするのが安心です。

しかも、飲食店専門の転職のプロに相談すれば、失敗する確率は低くなります。

相談料は無料です。

また、転職先に入社してから紹介料を払う必要もありません。一切無料です。

★専属アドバイザーを見てみる>>>飲食業界の転職はフーズラボ・エージェント

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

あなたも転職で夢を叶えてくださいね。