【飲食店バイト入門】初心者の疑問や不安を解消。楽しく働くコツを紹介!

飲食店(カフェ・レストラン・居酒屋)バイト初心者の疑問や不安を解消するブログです。

初心者必見。飲食店バイト【ホール接客スタッフ】に向いていないタイプ(性格)とは?

 上を見上げてため息をつく飲食店バイトホール接客スタッフ男性

飲食店バイト【ホール接客の仕事】に向いていない人とは?

飲食店バイトの中で、ホール接客の仕事に向いていないタイプ紹介します。

私は、飲食店バイトから雇われ店長になり、独立してカフェオーナー、4店舗を経営して会社社長になりました。

なので、あらゆるタイプの飲食店バイトに向いている、向いてないタイプを見てきました。

そんな私からの、確信をついたアドバイスです。

これから飲食店バイトをやろうかな?と思っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

目次

飲食店バイト【ホール接客】は2タイプの性格に分かれる

笑顔としかめっ面のイラストプラカードを持つ人

飲食店バイト【ホール接客】希望者の性格は、大きく分けると以下の2タイプです。

A、笑顔で接客ができてノリもいいが、要領が悪い(手が遅い)。

B、笑顔で接客は出来ないが、要領は良い(手が早い)。

そしてどちらが喜ばれるかと言うと、基本的にはAの笑顔で接客できる方です。

なぜなら、飲食店バイトの接客はとりあえず笑顔が無いとダメだからです。

愛想の悪い店にお客様は寄り付きません。

笑顔を出すことに苦痛を感じる人は、基本的に飲食店バイトのホール接客スタッフには向いていません

ただし、店長によってはBの方を重視する人もいます。

なぜなら、店が忙しくなってくるとAタイプのバイトの仕事ぶりにイラッとするからです。

猫の手も借りたいくらい忙しいお店は、人手不足解消のために笑顔が出せない人を雇入れます。

そうすると、お店の売上はどんどん下がって行き、挙句の果てに閉店するはめになります。

さて、あなたはどちらのタイプでしょうか?

タイプ別に飲食店バイト対策を紹介していますので、気になる方は引き続きお読みくださいませ。

 

笑顔を出すことに苦痛を感じる人が採用されるには?

シフト貢献度が高いタイムカード打刻跡

飲食店バイトのホール接客スタッフ希望者を店長が面接する際にどこを重視するかというと、

笑顔が出せるか?暗くないか?シフトに沢山入れるか?この3つです。

なので、「自分は素敵な笑顔を出す自信はないが、飲食店バイトをやってみたい」という方は、

「シフトに沢山入れる、又はフレキシブルにシフトに入れる」という事をアピールすれば採用される確率は上ります。

なぜなら、店長も自分の休みが欲しいからです。

シフトに貢献できるバイトが入ってくれれば、店長が休みを取る確率は上ります。

また、笑顔は弱いけど気が利く人はいます

双眼鏡を持って観察する男の子

こういうタイプの人は、お客様がお水が欲しいなぁ~と思っている時に、なにも言わずサッとお水を出せる能力がある人です。

笑顔は無いけど観察眼には優れているタイプですね。そしてそれを直ぐに行動で示せる能力がある人です。

みんなでご飯を食べに行った時、自らサラダをみんなに取り分けてあげたり、友達の飲み物が無くなっているのを見て「なんか飲む?」と声をかけてあげたり出来る人です。

友人の髪型の変化やアクセサリーの変化にすぐ気づいて「いいね」と言える人です。

もしあなたがそのタイプなら、ホール接客係に向いています

あとは、客に笑顔を出せば、自分も幸せになれる事に気付けば完璧ですね。

面接では、履歴書用紙の自己アピール欄に「気が利く方だと思います」と書きましょう。

具体的な例も言えるようにしておけば間違いなく採用されます。

 

笑顔で接客ができるが要領が悪いタイプの店長対策

スタッフを叱る店長

笑顔で接客出来るがイマイチ要領が悪いタイプの方は、手が遅いという理由で店長に叱られたりします。

なぜ叱られるかというとその店長がせっかちな性格だからです。

また、リーダーとして経験不足だったり、完璧主義者だったりもします。

「店が回ってる」とか「店が回ってない」と、店長はよく言います。

店長にとっては「店が回っている」状態がベストです。

「店が回っている」とは?

店が回っている、という意味は、タイミングよく全ての業務が出来ている状態です。

お客様をお待たせしていない状態ですね。

「店が回っていない」とは?

これは、的確な時間に料理やドリンクがお客様に提供出来ていない状態や、お会計や案内に時間がかかり過ぎている状態を指します。

この時やり玉に挙げられるのが、笑顔で接客出来るけど要領が悪いタイプです。

「早くしろ!」「いつまで客と喋ってんだ!」「客に捕まってんじゃねぇ!」

など罵声が飛んで来る場合もあります。

その場合、あなたが精神的に辛いならすぐに退社した方がいいでしょう。

なぜなら、その店長はあなたの本当の価値を分かっていないからです

 

店長に叱られた時どうする?

具体的な解決策を提示しない熱血店長

店長に叱られた時は、「すみません」と素直に謝りましょう。

そしてなるべく早く出来るように頑張りましょう。

お店が落ち着いてきたら「店長、さっきはすみませんでした、私は、あの場合どうすればいいのでしょうか?」と聞いて下さい。

そして店長が具体的な解決策を提示してくれた場合は、そこを直す努力をしましょう。

具体的な解決策を提示してくれない場合は、その店長に見切りをつけて退社しましょう。

なぜなら、明らかに店長が能力不足だからです。

一時の感情だけで、怒った可能性が高く、リーダーとして失格、不適格な人です。

でも、安心して下さい。あなたを評価してくれるお店が必ずあります。

そしてそのお店を簡単に見つける方法があります。

こちら>>自分に合う飲食店バイトはどこ?ペコリッチなら見つかるかも。

要領が悪いタイプのスキルアップ方法

雪の上に刻まれた足跡。一日一歩のテキスト入り

笑顔には自身はあるが、イマイチ要領が悪い方が、直ぐに要領が良くなる事はありません。

ほんの少しずつ要領が良くなって行き、ある日突然仕事がめちゃくちゃ早く出来るようになります。

では、どうすればそうなれるのか?

それは、1日1個の作業を早く確実に出来る努力をする事です。

飲食店バイトはコンビニバイトに比べたらかなり頭を使います。

なので、最初は相当疲れます。

でも慣れてしまえば簡単です。

この「慣れ」を早く身につける方法が、1日1個を完璧にこなす努力なのです。

1日1個完璧に覚えれば、30回シフトに入れば30個出来ます。

意識してやることが大切です

ボーっと生きてんじゃねえよ!ではいけません。

♪一日一歩、三日で三歩。という歌がありますよね?

でも、三歩進んで二歩さがってはいけませんよ (;^ω^)。

 

まとめ

真顔で接客する、笑顔を出す事が苦痛な人

飲食店バイトのホール接客係に向いていない人とは、

笑顔を出すのが苦痛な人です。

なので、そういう人は他のバイトを探した方がいいでしょう。

コンビニなんかおすすめです。

カッコ良く働きたい、お洒落に働きたいと思わなければ、コンビニの方が楽ですからおすすめです。

コンビニバイトは、シフトもかなり自由です。

コンビニは笑っていなくても、要領が良ければ店長は喜びます

なぜなら、お客様が最初から高度な接客には期待していないからです。

コンビニに来店するお客様は、基本的に「早く会計してくれ」としか思っていません。

コンビニバイトのおすすめ記事>>コンビニバイトは『楽すぎ』です。キツイ(楽じゃない)と言う人は向いていないだけ

笑顔は無くても気が利く人は貴重

かなり少ない割合ですが、笑顔は出せないけども気が利く人がいます。

このタイプの人は飲食店バイトには貴重です。

笑顔は無くても気が利くというだけで、お客様は感動します。

他人のニーズ(needs)ではなくウォンツ(wants)を読み取れて、即時に的確な行動が出来るタイプです。

あとは、笑顔を出す努力を重ねて行って下さい。

そうすれば、誰にも負けない飲食店バイトホール接客係になれます。

それどころか何の仕事をしても成功出来ます。

笑顔を出す事に苦痛を感じない方は、得てして要領が悪いタイプが多いです。

でも、日々意識して1日1個の仕事(作業)を完璧に覚えて行けば、ある日突然要領が良くなります。

自分のスキルアップの為にもぜひ飲食店バイトに挑戦してみて下さい。

必ずその経験が5年後、10年後に役に立つはずです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

飲食店バイトは、仕事が出来るようになれば本当に楽しいですよ。

 

 

おすすめ記事

www.xn--eckvdwa0844aq1n5w1fp6ele.com

www.xn--eckvdwa0844aq1n5w1fp6ele.com